東京中小企業家同友会 北支部の活動紹介

同友会運動の歴史は、日本の中小企業家が「日本経済の真の担い手は中小企業である」との自覚と誇りを堅持し、夢とロマンを持ち、労使がともにたくましく生き抜いてきた歴史でもあります。

私たち北支部の今年のスローガンは「熱き企業家精神で質の高い企業をめざそう!」〜志は高く、思いは強く、よく学び、よく遊び、実践しよう〜と掲げ、進めております。支部の強みは面倒見の良い先輩会員がいてアットホーム的なところです。また、幹事会の参加率もよく活性化しています。例会もよく準備され好評を博しています。今後も充実した例会・経営を学ぶ活動を基本としながら、100名の支部に向けて着実に会員増強を図っていきたいと思っています。

今回の植松努講師からはトップが夢を掲げ、社員と一緒に夢を語り合い、社会に貢献し変えていくという壮大なお話が聞けると思います。皆さんの参加をお待ちしております。    

北支部長 千葉秀蔵 (椛謌鼬o理)