トップ10

順位 人物名 概要
渋沢栄一
大蔵省官僚、実業家

(1840年~1931年)
経営者という枠を超えて、明治時代の最大の大物と言われる。 多数の有力企業や銀行の創業に携わり、日本の近代資本主義の基礎を築いた。

江戸時代に豪農の息子として生まれ、 激動の幕末期に少年時代を過ごした。 10代のころから実家の手伝いで商才を発揮したという。

24歳のときに江戸幕府の視察団の一員として渡欧。 1年間の滞在で資本主義を学ぶ。 帰国後、静岡に日本で最初の株式会社を設立した。 さらに、誕生して間もない明治政府から懇願されて財務官僚となり、 日本の金融・財政システムを創設した。

その後、民間人になって現みずほ銀行、三井銀行、王子製紙、日本赤十字社、帝国ホテル、帝国劇場、日本郵船、石川島播磨重工、東京ガス、東京電力、札幌ビール、東京海上など約500社の企業を設立。 東京商工会議所や東京証券取引所の前身も創設した。 まさに伝説的な活躍ぶり。

2024年から発行される新しい1万円札の表紙に選ばれた。

参考:「小説 渋沢栄一」
盛田昭夫
ソニー共同創業者

(1921年~1999年)
共同創業者で技術者の井深大とともに、斬新な商品を次々と開発し、 日本製のラジオ、テレビ、CDプレーヤーなどを世界に普及させた。 ものづくりの時代が終わることを予見し、ハリウッドの映画スタジオを買収。米レコード会社も買収した。 損害保険の会社も成功させた。時代の先をよみ、実行する能力が卓越していたといえる。 「ものづくり」だけに頼っていたら、ソニーはもっとずっと早く沈没していただろう。

盛田氏が1990年代後半まで元気だったら、日本のIT業界はインターネット時代の波に出遅れることがなかったかも知れない。

参考:「小説 盛田昭夫学校(上)」→
松下幸之助
パナソニック創業者

(1894年~1989年)
松下電器産業(現パナソニック)の経営者。「経営の神様」と呼ばれる。 日本の電気製品が世界を席巻した時代を象徴する経営者。 家電にとどまらず、部品や住宅機器などの分野にも進出して成功。時代を越えて生き残れる体質を築いた。 戦後、多くの経営者にとって教師のような役割を果たした。
本田宗一郎
ホンダ創業者

(1906年~1991年)
戦後生まれの会社を、世界的な自動車メーカーへと急成長させた。日本の車とバイクを世界に普及させた。技術者出身の経営者として卓越した能力を発揮した。
稲盛和夫
京セラ創業者

(1932年~)
製造業において、京セラの創業者として大成功した後、NTTに対抗する通信会社を作り上げた。JALなどの立て直しにも貢献。通信や航空などお役所的になりがちな業種の経営に民間の魂を吹き込んだ。
馬渕隆一
マブチモーターの元経営者

(1922年~2005年)
創業者の兄・健一とともに、小型モーターの分野で世界で圧倒的な地位を築いた。 兄が一線を退いた後は一人で経営を担った。 バブル経済の1980年代、多くの製造業が多角化で失敗するなかで、「モーター専業」という立場を貫いた。 温厚で謙虚な人柄で知られる。
孫正義
ソフトバンクグループ創業者

(1957年~)
インターネット革命において世界の中心になれなかった日本において、その遅れを挽回すべく尽力。日本国内の通信料金の値下げに多大な貢献をした。 役所的な体質を残していたNTTグループを競争によって追い込むことで、通信業界を活性化させた。 光ファイバーによる高速インターネットや、モバイル通信の普及に果たした役割は大きい。
永守重信
日本電産創業者

(1944年~)
日本の製造業が1990年代以降に劣勢に立っていくなかで、経営者としてのたぐいまれな手腕を発揮。不振企業を次々と買収して立て直した。
中山素平
日本興業銀行の元頭取

(1906年~2005年)
戦後の経済成長を支えたバンカー(銀行家)。 金融界の重鎮として、産業界の業界再編にリーダーシップを発揮した。 富士製鉄と八幡製鉄の合併による新日鉄の誕生などが有名。 愛称は「そっぺい」
10 宗次徳二(むねつぐ・とくじ)
ココイチ(CoCo壱番屋)創業者

(1948年~)
日本式の家庭風カレーを新しい外食文化として定着させた立役者。 いわゆる「捨て子」として孤児院で育ち、養子に入った後も過酷な極貧生活を送ったことで知られる。 夫婦でイチからカレー屋を立ち上げ、約20年で世界一のカレーチェーン店を築いた手腕は見事。 それ以上に、早朝から会社を自ら掃除し続けるなど、謙虚な性格で尊敬を集めている。 53歳の若さで引退し、プロパー社員に後継の道を譲り、「引き際」も鮮やかだった。 人柄の大切さを教えてくれる名経営者。(戸川利郎)
参考:動画→
11 豊田章一郎
トヨタ自動車社長

(1925年~)
トヨタ自動車の創立者・豊田喜一郎の長男。名古屋大学工学部卒。1952年トヨタ自動車工業に取締役として入社。副社長まで歴任。1981年トヨタ自動車販売社長。1982年7月「工業」と「販売」が合併、トヨタ自動車社長。1992年から会長。 経団連会長も務めた。

静岡から三河に出た祖父・豊田佐吉が興した自動織機会社の「自動車部」がトヨタの始まりだった。創業者・喜一郎の長男に当たる。

自身は名古屋で生まれた。「子供のころは、毎年、蒲郡の海岸に泳ぎに行ったもんだよ。波が穏やかでね、海水がきれいなんだ」と振り返っている。

戦後の大争議直後に父が急死し、27歳で取締役として入社する。大学卒業後の数年間、親類が営む北海道・稚内の水産加工会社で、竹輪や蒲鉾(かまぼこ)を焼いていた時期もある。現場第一主義を貫き、名実ともに「世界企業」に育て上げた。
12 江副浩正(えぞえ・ひろまさ)
リクルート創業者

(1936年~2013年)
戦後の日本が生んだ偉大なベンチャー起業家。 学生時代に創業。 就職情報誌を大成功させ、一大情報メディアをつくりあげた。 しかし、東京地検のやや強引な捜査によって、経営者としての生命を絶たれた。

ホリエモンのたどった運命にやや似ているが、 ホリエモンが買収によって会社を大きくしたのに対して、 江副は様々な新規事業をゼロから作り上げていった。

創業以来の自由な社風から、リクルートにはユニークな人材が集まり、起業家ら多くの人材を輩出した。“卒業生”の中には、東京・杉並区立中学校長に転身して、その後も教育再生などで発信を続ける藤原和博さんや、NTTドコモに転職して「iモード」の生みの親となった松永真理さんらがいる。

1989年にリクルート事件で逮捕・起訴されて以降は長く沈黙を守り、マスコミなどに登場することはなくなった。

1992年には、リクルート株をダイエーに譲渡した。株式譲渡益などで得た多大な資産を文化活動に注入し、若手音楽家を育成するための財団「江副育英会」などを設立。東京・新橋の同会事務所に毎日、顔を出していた。2002年からはオペラ制作にも進出。舞台設営からオーケストラの手配まで億単位の資金を供出する日本オペラ界を代表する“パトロン”でもあった。
13 鈴木敏文
セブンイレブン元経営者

(1932年~)
セブンイレブンの元経営者。 アメリカ生まれのコンビニという業態に、日本人的なきめ細かな管理システムを導入。革新的な業態に発展・普及させた。日本人の生活を格段に便利にさせた。 しかし、退任後、この人がセブンイレブンを経営している時代に、アルバイト・パートの残業代の一部を払っていなかったことが発覚。 鈴木氏の金儲け主義の弊害が明らかになった。


 運営:ベスト・ビジネス